服従 の 心理 学

Add: axenu43 - Date: 2020-12-02 05:26:43 - Views: 3254 - Clicks: 5386

の「&39;90年代の社会心理学」をもとに 原岡 一馬 久留米大学心理学研究 (2), 1-14,. 社会心理学者。ハーバード大学で社会心理学博士号を取得の後、エール大学、ハーバード大学、ニューヨーク私立大学大学院で教鞭を執る。服従実験の業績でアメリカ科学振興協会より社会心理学賞を受賞。実験成果をまとめた『服従の心理』は世界的な. 権威への服従実験についてお話し、 最後に、スタンフォード監獄実験について紹介します。 どちらもかなり深刻で暗い実験ですが、 非常に重要な実験であり、. ) 心理学ワールド第26号掲載 (年7月15日刊行). 同調,服従行動としての社会的影響過程と自己統制感--Deaux, K.

この服従が原因で最も悲惨な結末を迎えたのが、ナチスドイツにおけるホロコースト(=ユダヤ人などに対して組織的に行った大量虐殺)です。 現代社会において、服従で最も危惧されるのが、企業社会です。会社の指示、上司の指示によって、指示されたことを疑問を持たずに取り組み、結果として逮捕されてしまった社員すらいます。 他にも、上司に気に入られようと熱烈な気持ちや報酬に飢えていることや、目をつむって従うことが成功への道だと信じて行動することも、残念な結果を招く可能性があります。 組織に対して、個人の考えで反論するのは、エネルギーが必要ですが、服従が招く結果が良いとは思えません。目の前にある大切にすべきものを考え、行動することが重要であると言えます。. 社会的に見れば明らかな 犯罪行為であっても、 会社の利益のため、 会社に服従を誓ったため、 悪事に手を染めてしまう人は 世界中にたくさんいるのです。 なお、 服従 の 心理 学 このアイヒマン実験では 実は生徒役も心理学者も ミルグラムの学生でした。 生徒役を決めるくじ引きに、 必ず「本当の実験参加者」 が教師役になるような仕掛けが 施されていたのです。 生徒役は電気ショックを 受けているように 演技をしていただけなので、 実際には、この実験で 身体的に傷ついたり死んだりした 人はいません。 あくまで心理学実験なのです。 ただし、 教師役の心理的負担は 服従 の 心理 学 大きいものでした。 ただし教師役の心理的負担は 大きいものでした。 多くの人は、 自分が簡単な命令で 「人を殺すかもしれない」 電撃を与えた「残虐行為」 に、ショックを受けました。 この実験をきっかけの一つとして 社会心理学の実験を行う時の 倫理的ガイドラインが 定められるようになりました。 現在は、このアイヒマン実験を そのまま繰り返して行う事は出来ません。 残虐な実験として知られますが、 私たちの心の弱さや脆さを 表す心理学史の1ページに残る 心理学的には意味のある 実験だったのです。 そして私たちには未来により 良い社会を作っていく責任があります。 こうした脆さを超えた強い 心を鍛えていくことも、 私たちに与えられた課題なのでしょう。. 1 - 基礎心理学 > 社会心理学 >65- 社会的圧力・集団 社会の存在は、個人に様々な影響を与えます。ここでは、他者や集団の存在によって見られる、個人の社会的な行動について説明します。. 心理学 社会行動における「同調」と「同調と権威への服従」について、アッシュの実験とミルグラムの「アイヒマン実験」を参考にして説明しなさい。また、あなたの実際の生活において、これにかかわる社会行動について考察しなさい。 本問では、アッシュの実験、ミルグラムのアイヒマン. 人間は権力や肩書、地位のある人間の命令に従いやすい傾向があり、ほぼ無条件に命令を聞いてしまう特性を持ちます。 権力者に服従することを社会心理学的で「権威への服従原理」もしくは、「ミルグラム効果」と呼びます。 権力や肩書などを意識しているつもりはなくても、潜在意識の中で作用しているため、無意識の段階で起きるのが権威への服従原理の特徴です。 例えば専門家や医師の話を聞いた場合、実際に信憑性があるかどうかに関わらず、述べた意見が正しいと信じてしまう人がほとんどでしょう。 個人的に意識していなくても、潜在的に権威への服従原理が働いて医師の言葉を信じ込んでしまうのです。 権威に対して無条件で聞き入れてしまう傾向は、実際の心理実験でも実証されているため誰に対しても見られる人間の特性と言えます。. 岸田 秀(訳) 1995 服従の心理―アイヒマン実験― 改訂版新装 河出書房新社 (Milgram, S. See full list on ukulele-affiliate.

「アイヒマン実験」の結論は、「善人はいとも簡単に悪人になる」という点にあります。ミルグラムは実験を分析し、本人の特性も考慮に入れるため、実験後、被験者にインタビューをしています。どんな育ち方をしたのか、どんな性格なのかを把握しようとしました。 しかし、そこに明確な相関関係は見い出せませんでした。ですので、性格など個人の特性より「権威システム」という「状況」が「善人を悪人にしてしまう」と考えられます。 ミルグラムは、こう言っています。 「アイヒマン実験」は世間に知れ渡り、心理学の歴史に残る「実験」になりました。ですが、他の心理学者がこの実験を批判し、「道徳」の観点から「問題の多い実験」という見方をされるようになっていきます。 被験者の病歴を調べていなかったり、実験の経験がトラウマになることが考慮されていませんでした。もし、心臓に持病を抱えていたら、実験の途中で、発作を起こして死んでしまっていたかもしれません。それほど心理的に強い圧力のかかる実験でした。 「アイヒマン実験」の被験者を探し出してインタビューした人物がいます。ローレン・スレイター(Lauren Slate)です。彼女はハーバード大で心理学の修士号を、ボスントン大では博士号をとっています。 スレイターの著『心は実験できるか―20世紀心理学実験物語』(紀伊國屋書店)には、「アイヒマン実験」の被験者へのインタビューが記述されています。 服従 の 心理 学 その中のひとりは、アイヒマン実験で、服従しなかった人です。監督官に抵抗して途中で実験を自分の意思でやめたのです。その理由は、心臓の持病を抱えていて、これ以上続けたら、発作が出るかもしれないと、怖くなったから」というものでした。 ミルグラムは批判を受け続けます。結果的に、心理学の世界に、居場所を無くしていきました。 ただ、時代はかわっても、時として「権威」が「善意ある人」を苦しめる組織の構図はかわっていません。ですので「アイヒマン実験」は「人間のもろさ」を諭しつつ、「権威システム」の暴走に警鐘を鳴らし続ける役割を担う実験として後世に語り継がれていくべきでしょう。 人は状況によっていとも簡単に「服従」してしまうのです。だからこそ、会社という組織が、あるいは、組織の中にいる「権威」(リーダー層)が、「善」に対する強い意識を持ち続けなければならないのです。 (文:松山 淳). See full list on communication-relationship-skill. (今回)「導入」と「社会心理学とは. amazon服従の心理 to/2HtTVYY 参照タイトル:服従の心理 (河出文庫)著者:スタンレー・ミルグラム翻訳. . 行動心理学をテーマにしたビジネス書も増えてきています。 そこで、この記事では、行動心理学とは何かを基礎から解説し、マーケティングにおいて人の心をつかむ方法や、集客や販売促進など、ビジネスへの活用方法を紹介します。 1. 社会心理学(social psychology) 社会的行動についての諸現象を研究する社会科学の一分野。社会的環境のなかで,個人や集団がどのような条件のもとでどのような行動を示すかについて科学的方法によって研究を行う。.

なぜ、こんなひどい実験に人間は服従してしまうのでしょうか。ミルグラムは、その理由を「エージェント状態」という言葉で説明します。 実験に参加した人は、監督官を「権威」とみなします。「権威」と「実験者」との間には、上下関係というヒエラルキー(組織)が発生します。権威者の存在するヒエラルキー構造(組織)が「権威シスムテム」です。 会社の経営目標は「権威」(経営陣)が決めます。自分で決めて自分で動くのが「自律状態」で、その反対が「エージェント状態」とするなら、会社という「権威システム」に取り込まれ「権威」が決めた目標・目的を「権威」に成り代わって行っていくことは、「エージェント状態」になっているといえます。 そこに「服従の心理」があります。ですから、「悪いことをしている」とわかっていながら、組織ぐるみの犯罪が起きるのです。 では、ここから「エージェント状態」の3つの特徴をあげます。. /08/25 (更新日: 服従 の 心理 学 /10/06). 【悪用厳禁!】恐ろしい心理学 服従 の 心理 学 今回は「人間はなんて恐ろしい生き物だ!」と言ってしまいそうな内容です。 ナチスドイツが行っユダヤ人大量虐殺についての内容が、社畜人間にも使われているって話です。 *ヨーロッパの人は聞きたくない内容となっています。 みなさんはホロゴースト. See full list 服従 の 心理 学 on earthship-c. あなたを主人公にしましょう。あなたは、実験の被験者です。 実験への協力者を募る新聞広告見て興味を持ちました。4ドルもらえます。それならばと、指定された場所にやってきました。実験室に入ると、ガラス越しに部屋があり、人が座っています。電気ショックをかける装置が、その人につけらています。この人をX氏としましょう。 あなたが座った席には機械があります。15ボルトから450ボルトまでメモリがあり、30段階にわかれています。 あなたのそばに立っている監督官が言います。 テストが開始されます。残念ながらはX氏は何度も間違えます。あなたは、その度にボタンを押してX氏の体に電気を流していきます。X氏の体は震え、目が見開かれ、ものすごい形相で苦しみに耐えています。 それを、あなたは見ています。途中、何度も抗議しますが、「あなたは、この実験を続けるべきです」と命令されます。「これはまずい、おかしい」と思っているのですが、あなたは監督官の言葉に従い、テストを続行します。 監督官の言われるがままに電気ボルトのレベルをあげていきます。180ボルトでX氏は、「痛くてたまらない!」と体を震わせ、270ボルトでは「やめてくれ、お願いだから、やめてくれ」と絶叫します。今にも死んでしまいそうです。眼球が今にも飛出しそうです。 あなたは、自分が「人間として、しはいけないことをしている」と知りながら、監督官に逆らうことができず、最後、450ボルトまでメモリを上げてしまいました。X氏はぐったりとうなだれ反応がなくなってしまいました。気絶してしまったのか、死んでしまったのか. 1974 Obedience to Authority.

。. 電撃実験を受けての考察 同情心・教官・正義感から自分の反応が生じると考えている人々は、「行動が発生するのはその人物の内面の核(個人的価値観)による」という思い込みを持つ →実際は、実験者(権威)の命令に従い続ける被験者ばかり=服従という結果に。. また、社会心理学の研究対象領域について概観する。 第2回 視点としての社会的影響 説得、同調性、服従、他者存在の効果といったテーマを統一的にとらえるため、社会的影響という視点を呈示する。. ところが、 徐々に雲行きが怪しくなってきます。 教師役は生徒役が ミスをするたびに 電気ショックの強さを 上げていかなければなりません。 しかし、どうも生徒役の人は 出来が悪すぎます。 簡単な記憶課題のはずなのに、 どんどん間違えていきます。 電圧ゲージには 「15V:軽い電撃」 「135V:強い電撃」 「375V:過激な電撃」 「450V:×××」 までメモリが刻んであります。 生徒は徐々にうめき声を上げ、 途中から 「もう辞めてくれ、実験を辞めたい」 と絶叫始めます。 しかし、教師の後ろにいる 心理学者が 「続けてください」 「あなたが続ける事が 科学の発展に役立つのです。」 と、実験の継続を促していきます。 「正常な人間」なら、 生徒役が叫び出した当たりで、 教師役は実験を止める だろうと思うでしょう。 ひょっとしたら、 背後にいる心理学者を 警察に突き出そうと 思うかもしれません。 しかし、この実験の結果、 およそ65%の教師役が 「450V:×××」 まで、 生徒役に罰を与え続ける事が 分かりました。 つまり普通の人間は、 ただ「そうしろ」と 命じられただけで、 相手を死ぬまで痛めつける事が 出来るという事なのです。 命令に従う、服従の心理が アイヒマン実験の意味と特徴から 分かってきたのです。 アイヒマン実験の動画↓. New York: Harper & Row. 商品やサービス名などに専門家や研究者などの名前と共に”監修”というワードを付け加えることで、商品やサービスに付加価値を付けてビジネスを成功させることも可能です。 専門家による監修がされていることで、商品やサービスに対しての信頼度が高くなります。. .

社会心理学の有名な実験に「アイヒマン実験」があります。人間の「服従の心理」に関するものです。イエール大学の心理学者スタンレー・ミルグラム(1933~1984)が主導しました。その名から「ミルグラム実験」とも言われます。 実験の結果は、1963年、米国の社会心理学会誌『Journal of Abnormal and Social Psychology』に掲載され、議論を巻き起こしました。ABCテレビは「第10レベル」というタイトルでドラマ化。年には映画『アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発』が公開されています。(日本公開は年)。 書籍としては『服従の心理』 (スタンレー・ミルグラム 著 河出書房新社)があります。その中で、ミルグラムは「服従の心理」ついて、こう言っています。 善良な人間が、権威に逆らえず罪を犯してしまう。一流企業や官公庁における組織ぐるみの隠蔽工作はその代表例でしょう。「悪い」とわかっていながら、長いものに巻かれてしまうのが人間です。そこに「服従の心理」があります。 心理学者ミルグラムの実験が、なぜ「アイヒマン実験」というのか。疑問を持った人もいるでしょう。「アイヒマン」とは、ユダヤ人大量虐殺(ホロコースト)の一翼を担ったナチスの将校アドルフ・オットー・アイヒマンのことです。 アイヒマンはユダヤ人移送局長官でした。彼の指揮によって何十万人というユダヤ人がナチス強制収容所に送られ虐殺されました。さぞ、ひどい極悪人かと思ったら、戦後の裁判で明らかになったアイヒマンの人物像は、きわめて小役人的な凡人だったのです。 つまり、どこにでもいる普通の人が、ナチスという権威に服従したがために大量虐殺の片棒をかついでいたのです。「ミルグラム実験」の狙いは「善人が権威に屈して悪いことをしてしまう」点にあります。ですので「ミルグラム実験」は「アイヒマン実験」ともいうのです。 「アイヒマン実験」には、いくつかのパターンがありますので、ここでは誤解のない範囲で、できるだけ簡単にどんな実験内容だったのかをお話しします。. ミルグラムの「服従実験」(アイヒマン実験)が有名ですが、社会心理学は、性格が良い悪い強い弱いというような、そんな個性を超えた環境の. 薬の服用においても権威への服従原理は働いています。 医師に処方された薬を何の疑いもなく、指示通りに飲むという命令を無意識に聞いている方がほとんどでしょう。 権威への服従原理が働き、医師という肩書の命令に従い、与えられた薬を服用とする構図が出来上がっているのです。. 理不尽な要求でも人は 命令に従ってしまうのです。 服従 の 心理 学 つまり私たちは誰もが アイヒマンと同じような行動を 取ってしまう可能性もあるのです。 この実験結果は、 各界に大きな衝撃を与えました。 一部の特殊な性格や 狂信的な思想を持つ者だけが 行うと考えられていた残虐行為が、 実は誰かに服従する というだけで行われてしまう ことが明示されたからです。 日本でもカルト宗教による とんでもない事件が起こりましたが、 やはりこうした心理が働いていた のではないかと推測されています。 人間の命令に従う、服従の心理は 非常に強いものです。 これは、アーレントの 悪の陳腐性が実験により 明示された事を意味します。 良心の呵責を感じていても、 人間は命令に逆らう事が困難で、 命令に従ってしまうのです。 それが、ほとんど見ず知らずの 心理学者からの命令であっても 人は考えなしにしたがって しまうのです。 もし、これが同じ職場で働く 上司からの業務命令で あったらどうでしょう? 理不尽であればキッパリと 強く断れるというのは、 あくまで想像に過ぎないかも知れません。 多くの人はアイヒマンのように 意味するところ(虐殺)を 考えずに黙々と従い、 出来るだけ効率的に職務をこなそう とするのではないでしょうか。. この心理学実験は人がいかに権威へ服従してしまうか、 その心理効果を明らかなものにしたと賞賛を得たそうです。 権威への服従が生んだ歴史的事件 権威への服従が生んだ歴史的事件としては. ミルグラムの電気ショック実験では、権威への服従原理が実証されています。 心理実験を行ったのはイェール大学のスタンレー・ミルグラム博士で、内容は被験者を教師と生徒約に分けて、権威への服従原理がどのように働くかを調べました。 表向きでは学習に及ぼす罰の効果や測定実験として伝えていて、くじ引きによって選ばれた生徒役と教師役を決めて、生徒役は別室で電気イスに座り、教師役から出題される簡単なクイズに答えていくというものです。 もし生徒役が答えを間違えてしまった場合、教師役が生徒に罰として電気ショックを与えていき、電気ショックは1問間違えるたびに1段階ずつレベルを上がっていきます。 電気ショックのレベルは15ボルトから450ボルトまでの30段階まであり、400ボルト以上になると死の危険があるという説明がされました。 仮に電気ショックによって生徒役が亡くなっても、被験者に罪はないと説明された後から実験は開始しています。 実際には電気ショックを受ける電気イスは偽物であり、生徒役は事前に決められた人が行っており、被験者は教師役のみとなります。 そのため、生徒役には電気ショックが与えられたら悲鳴を上. 心理学をかじった人には 説明するまでもない超有名な本。 この本を読んでつい考えてしまうのは、 「自分も、’何の恨みもない初対面の人に’、 それとわかっていながら、 死ぬほどつらい苦痛を与えてしまう事があり得るのだろう.

専門家への意識においても、同じように権威への服従原理が働いています。 例えば一般人の意見によって生まれた花粉用マスクと、専門家の技術と研究によって開発された花粉用マスクがあったとしましょう。 後者の方が専門家によって花粉の研究を元に作られたと解釈できるので、効果がより高いように感じるやすくなります。 一般人の意見よりも”専門家”という肩書の方が地位は高いため、権威が心理効果を招いているのです。. ミルグラムは誰でもが権威に服従して、悪の怪物のようになってしまうことを、心理学の実験として論証しようとしました。これを「アイヒマン実験」と言います。 あなたは、実験室に入ると、研究者があなたに対して指示をしてきます。あなたは先生の役で、一連のテストを行う役割です。もし、そのテストで生徒役の人がまちがえると、罰として、電気ショックを与えるのがあなたの仕事です。 そして、生徒が何度も間違えると、その度に電流は強くなり、最後には致死に至るほどのショックを与えることになります。生徒は叫び声をあげながら、やめてくれと懇願します。 あなたは心配そうに研究者を見るが、研究者は「あなたの仕事を続けてください、責任はわたしが取りますから」と言います。 実際のところ、生徒は役者で、電撃は嘘で、叫び声は演技です。この目的は、実験のテーマは「権威と個人」です。つまり、自分の良心に反するような行為を強いられたとき、権威に対して、どこまで服従し続けるのかを見るのが、この実験の真の目的です。 あなたは、何割の先生役の人が致死に至るほどの電気ショックを与えると予想しますか? 戦場に立たされたとき、人の心はどうなってしまうのか。国家の命令とはいえ、人を殺すことに人は耐えられるものか。軍事心理学の専門家で.

子どもの性格に関する心理学として、有名なものとしてサイモンズ式分類があります。 サイモンズ式分類では子どもの性格には親の育児態度が大きく影響すると考えられています。. HMV&BOOKS online. 結果的に、先生役の人の65%の人が致死に至るほどの電気ショックを与えて、実験を終えたのでした。この実験結果は、本人だけでなく、関係者すべてを驚かす結果となりました。 この実験から、人は権威に命じられると、かなり非人道的な行為まで手を染めてしまう。良心の痛みは覚えるかもしれないが、あえて権威に逆らうようなことはしないということがわかったのです。. 何百万人の罪のない人たちを ガス室送りにするわけです。 アイヒマンというのは、 どれほどの悪魔じみた 狂気の人物なのかと、 世の中の人は想像していたのです。 ところが先ほどの回答です。 アイヒマンの主張を聞いた 多くの人は、 「あれは自己弁護しているだけ。 彼はユダヤ人の虐殺を 楽しんでいたに違いない。」 と考えました。 しかし哲学者アーレント (彼女はユダヤ人) は違う考えを持っていました。 「彼はごく一般的な小市民に 過ぎなかった。 誰もが命令されれば、彼のような 虐殺行為を行う可能性がある」 と、悪の陳腐性として 知られる内容の発言を行ったのです。 ある意味、アイヒマンをかばう ような彼女の発言は、 アイヒマン擁護、 ユダヤ人虐殺容認と 受け止められ、 ユダヤ人社会から裏切り者として 厳しい批判を受けました。 しかし彼女は ユダヤ人としてユダヤ人の 最大の敵、憎むべき相手をも 冷静に分析できた、 偉大な人だったのです。 一方で、 社会心理学者のミルグラム 服従 の 心理 学 (彼もまたユダヤ人)は、 アーレントの言う事は 正しいかもしれないと考え、 後にアイヒマン実験として有名になる、 人間の命令に従う、服従の心理の 特徴を明らかにした 以下のような実験を行いました。 実験には、 心理的に問題のない成人が 「記憶に関する心理実験の参加者」 という名目で募集されました。 参加者が研究室に赴くと、 白衣を着た「心理学者」 がまっています。 もう一人の参加者が揃った ところで実験開始です。 心理学者は、 被験者の片方が教師役、 片方が生徒役になるように くじ引きをさせます。 教師役の役割は簡単です。 生徒や国暗記の問題を出し、 ミスをするたびに電気ショックの 罰を与えれば良いのです。. アメリカ、イェール大学の心理学者、スタンリー・ミルグラム(Stanley Milgram)が1963年にアメリカの社会心理学会誌『Journal of Abnormal and Social Psychology』に投稿した、権威者の指示に従う人間の心理状況を実験したものである。. 」 という事。.

を取得した。ミルグラムは、重要な影響を数多く残して. リピーターを増やす心理学「ディドロ効果」とは?【コピーライティング×心理学】 文章を書く前に知っておきたい「人間の欲」3つの特徴 ”錯覚”を生みだす心理学「シャルパンティエ効果」とは?【コピーライティング×心理学】. 「アイヒマン実験」の内容を読んで、「自分は絶対にしない」と思ったのではないでしょうか。席を立つなり部屋を出るなり、抵抗できそうなものです。 事前の予測調査では、ある精神科医は、150ボルトでほとんどの人がやめる。450ボルトまでいくのは、1000人に1人だと予測しました。 ですが、この実験で40名のうち25名が、最後の450ボルトまで電圧を上げつづけたのです。もちろん「喜んで」ではなく、葛藤をしながらですが、監督官に服従し続けたのです。実験ですから、X氏は演技をしています。. 商品やサービスに関して関連している人物の肩書きや実績をHPなどに掲載すると、信憑性を高められます。 服従 の 心理 学 さらに、権力のある人物であることも同時にアピールできるため、ビジネスとしても成功しやすくなります。. See full list on keny. 店の尼崎事件 支配・服従の心理分析 / 村山満明 〔本〕:6835065ならYahoo!

実際の権威者からのコメントを入れることで、無意識に権威への服従原理が働き、信用してしまうという心理効果も生まれるため、ビジネスにも有効となるでしょう。 権威を使ったビジネス成功させるなら、権威者からのコメントは欠かせないものと言えます。. この実験から、私たちがどれだけ自分は服従しないと思っていても、多くの人が服従することがわかりました。なぜ服従してしまうのでしょうか。 なぜなら、服従することは、熟考や自由な考えをすることよりもかなり楽だからです。特に疲れていて、他のことに気を取られ、闘いたくない時は、選んでしまう傾向にあります。 また、服従の本質というのは、人が自分を別の人間の願望実行の道具として考えるようになり、自分の行動に責任をとらなくていいと考えることなのです。. 権威への服従原理は誰でも体験している心理効果であり、ビジネスではマーケティングに活用することが可能です。 しかし、ステルスマーケティングや捏造は大きな騒動に発展するので、権威への服従原理の仕組みや正しい活用方法を理解することが大事です。 また、下記ページでビジネスで使える心理学20選を紹介していますので参考にしてください。. 心理学であなたをアシスト!:人間関係がもっと良くなるすてきな方法 (サンプル記事) 月額550円(初月無料) 週1回程度 心理学の知識と技術. 社会心理学の視座から論じる。前提となる社会的リアリティについても取り上げる。 具体的には説得、同調、服従、他者存在の効果などを取り上げ、これらの諸領域を 社会的影響という観点から統一的に論じる。 1. , & Sigelman, C.

服従 の 心理 学

email: [email protected] - phone:(734) 856-9949 x 1595

Luc montagnier - スーパー

-> 痔 自力 で 治す
-> Finance books

服従 の 心理 学 - Fate マテリアル


Sitemap 5

オンブズマン 制度 日本 - ダイエット