氷 の 神 ギリシャ 神話

ギリシャ

Add: usody3 - Date: 2020-11-29 11:00:02 - Views: 8966 - Clicks: 3621

ローマ神話の十二神 ローマ神話 では ディー・コンセンテス 氷 の 神 ギリシャ 神話 (Dii Consentes)あるいは コンセンテス・ディー ( Consentes Dii ) と呼ばれ(共に「調和せし神々」の意)、主神 ユーピテル をはじめとする男女6柱ずつの神々とされるが、その内訳は伝わっていない。. ウコンバサラ - ウッコ神が持つ槌。 中国神話. Amazon Advertising 商品の露出でお客様の関心と 氷 の 神 ギリシャ 神話 反応を引き出す: Audible(オーディブル) 本は、聴こう。 最初の1冊は無料: アマゾン ウェブ サービス(AWS) クラウドコンピューティング サービス. プロメテウスは、水と粘土で最初の男性を作った。しかし、最初の女性は金属の道具を作る鍛冶の神・ヘーパイストスによって作られた。その女性は、パンドラと呼ばれる。ゼウスは全ての神と女神を招待し、パンドラに贈り物をするように頼んだ。パンドラは類まれな美しさと優雅さと豪華な服、美しい声を与えられ、さらにはあくなき好奇心も与えられた。 そしてゼウスは、プロメテウスの兄弟・エピメテウスをパンドラの夫に選び、結婚祝いを贈った。ゼウスはある壺をパンドラに与え、パンドラに「この壺をお前がいつでも眺められる所に保管しておけ。だがこの壺は決して開けてはならない」と言いつけた。 好奇心に負けて壺の蓋をパンドラが開けると、身の毛のよだつような声が聞こえてきた。そして蓋を開けてしまうと、飢えや争い、老いや死などすべての苦しみが飛び散った。そしてパンドラが慌てて蓋をすると中には、ほんの小さなものが残った。それが希望だ。 パンドラの話はとても恐ろしいものだ。蓋を開け最後に残ったものが飛び散ってしまえば、人は希望を失うのだ。希望を失っては生きていけない。この神話は、この世の悪の由来を伝えるだけではなく、古代ギリシャにおける実際の結婚の儀式についても明らかにする。 花嫁となる女性は、自分の家族から離され夫となる男性とその家族が住んでいる場所へ行かなければならない。そして女性は、自分の残りの人生を家庭を守ることだけに捧げるのだ。パンドラが受け取ったような結婚祝いを贈るのは、当時の慣習だった。 花嫁が受け取る壺には、食べ物は入っておらず化粧品や身を飾る装飾品が入っていた。だからこそパンドラは、開けてみたい誘惑にかられたのだ。誘惑はギリシャの最初の女性だけの問題ではない。聖書の最初の女性イヴにとっても問題だった。イヴは禁断の果実を食べてしまう。 どこの国にも似たような話はある。全てが手に入ったとしても、あれだけはダメだと言われるとそれが何であろうと、どうしても欲しくなるのだ。好奇心は人間であれば誰でも持つもので、パンドラが特別悪いというわけではないのだ。. ギリシャ神話の女神7選! 女神の名前と面白いエピソードを紹介! 神話は神様が登場人物となるお話です。日本にも神様のお話があるように、ギリシャにもギリシャ神話とあるよう、様々な神様にまつわるお話があるのです。. ペガサスはギリシャ神話の登場する白馬(ギリシャ語ではペガソス)で、翼をもち大空を自由に駆け回ります。 ペガサスは天界で主神ゼウスの稲妻を運ぶ役目を果たす神馬です。.

88倍!! でかッ!! 地球と「海王星」ってこんなに違うんだ〜・・・ 太陽から遠く離れているために、氷で覆われた氷惑星。 海の星というよりは、氷の星ですね・・・ ポセイドンの星は、氷の星だった! まあこれは、星の特徴に合わせて名前をつけたわけじゃなくて、 発見順に空いている神様の名前をつけていっただけですから、 それほど深い関係はないので仕方がないかもしれませんね!. 登場する神・人物・怪物など 日本におけるギリシャ神話関連の語彙は、ギリシャ語読み・ラテン語読み・英語読みが混在している上に、それらから派生した慣用読み(誤読を含む)もあり、さらにカタカナでの表記揺れが加わっている。. 妖精も様々。ギリシャ神話のニュンペーは官能的な存在。神々に弄ばれ、人間を翻弄させる。「神以下、人間以上な存在」ということになるのでしょうか。 まあ、人間にとっては近づくべきでない要注意な存在であることは確かなよう。. ①氷を司る神様が出てくる神話ってありますか? 出来れば神様がいいですがいなければ精霊や、幻獣でも構いません。 ②神様以外が神殺しをする神話。なければ神様の神殺しでも構いません。 ①と②の質問の回答に.

蔑まれた女の恨みほど怖いものはない。ギリシャのモンスター・メドゥーサには、それすらも控えめな表現だ。メドゥーサというのは、蛇でいっぱいの頭、蛇の髪の毛を持った女性だ。メドゥーサは自分が見たものをすぐに石に変えてしまう。恐ろしい外見に隠された真実は、私たちの心に響く。 だがゼウスの息子ペルセウスにとっては違った。高価な褒美を餌にメドゥーサの首を切り落とすよう命令される。女神アテナは、彼がメドゥーサを倒すチャンスが得られるように盾をさずけた。メドゥーサの視線を避けつつ追い詰めようとペルセウスは思い切った手に出る。 ペルセウスは石に変えられないように盾に映るメドゥーサの姿を見ながら、彼女の頭を切り落としたのだ。物語には予想外の結末があった。ペルセウスはその後、ケイトスにメドゥーサの首を使う。ケイトスとは海の怪物クラーケンのような巨大なモンスターだ。ペルセウスは手に入れたメドゥーサの首を使ってケイトスを石に変え、アンドロメダを救う。アンドロメダはケイトスへの生贄として、岩につながれていた美女だ。ペルセウスは、2度もモンスターを倒したことで英雄となり王となる。 そもそもメドゥーサは、どうしてモンスターになったのだろうか?物語によるとメドゥーサは、アテナの巫女で美しい髪を持っていた。海の神ポセイドンがメドゥーサを気に入り、どうしても自分のものにしたいと考えたポセイドンは、陸に上がりメドゥーサを神殿の一番奥へと追い詰めた。そしてアテナの像にすがり離してくれと懇願するメドゥーサをレイプしたのだ。神殿を冒涜したポセイドンにアテナは激怒する。 だが神々はお互いを罰せれなかったため、アテナはメドゥーサに怒りをぶつけたのだ。アテナの怒りは凄まじくメドゥーサに呪いをかけた。したがってメドゥーサは邪悪なのではなく、2度も不当な扱いを受けた女性なのだ。 メドゥーサは実在しないが、この話は人間の行動のおぞましさを顕にしている。レイプはギリシャ神話によく出てくる。古代ギリシャでもそれは同じだった。男は罪に問われないばかりか、もっと酷いこともあった。 当時のギリシャ文化は、レイプを容認していて、そこには闇の側面があった。レイプの被害者は殺されてしまうか、加害者と無理やり結婚させられるため自殺も多く起きた。しかし、このような事態は今日の私たちの社会でも見られる。 多くの国で性的暴行を受けた女性たち. そんな海の神様・ポセイドンの武器は、 「三つ又の矛(ほこ)」 です! 「三つ又の矛(ほこ)」って言われてもピンとくる人は少ないと思うのですが、 先端部分が三つに別れた、矛(ほこ)のことです。 ポセイドンのビジュアルは、だいたいこの「三つ又の矛(ほこ)」を持って描かれることが多いんですよ! ちなみに、矛(ほこ)っていうのは、槍よりも古いタイプの武器で、幅広の穂先なんだそうです。 でも、この「矛(ほこ)」と単なる「槍(やり)」との違いは、はっきりしていないところもあるみたいですよ。 大人気映画シリーズ「パイレーツ・オブ・カリビアン」の最新第5作 『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』 では、 「三つ又の矛(ほこ)」は 「ポセイドンの槍」 と翻訳されて、登場しますよ〜!! なぜ「ポセイドンの槍」という翻訳になったのかは謎ですが、 多分、字幕をつける時に、「ポセイドンの三つ又の矛(ほこ)」だと長すぎるからかな〜〜?? あるいは、一般的なギリシャ神話とは、その姿は違うのかしら? ぜひ、劇場でその「ポセイドンの槍」を確認してね!. さて、このギリシャ神話の海の神・ポセイドンは、 のちには他の神々と同様に、ローマで受け入れられることとなりました。 ローマ神話では、 ネプトゥーヌス(Neptunus) という名前で信仰されました。 ローマでも、オリジナルのギリシャ神話をほぼそのまま受け入れて、 海の神・泉の神・馬の神として考えられていたようです。 このネプトゥーヌス(Neptunus)を英語読みすると、 ネプチューン(Neptune) となります! この英語読みの方が、日本人にはおなじみかもしれませんね!! そうです、あの人気お笑いトリオ「ネプチューン」の名前の由来はこれですね! 個人的には、3人の中で、ホリケンさんが好きです! あの人天才!! おっと、話がそれましたが、 要するに、 ギリシャ神話 > ローマ神話 > 英語/日本語 ポセイドン ネプトゥーヌス ネプチューン という流れで受け継がれてきたわけですね! しかし、ポセイドン神も、まさか日本でお笑いトリオの名前になってるなんて、心外かも?!. ギリシャ神話に登場する神様の中でも、この神様は知っている、という方も多いと思います。 海の神ポセイドン! 名前だけは聞いたことがある人が多いかもしれないけど、いったいどんな神様だったのかご存知ですか? ポセイドンは、父はクロノス神、母はレイア女神の間に生まれた神様で、 男の兄弟は、 冥界の神・ハデス 最高神・ゼウス そして女の姉妹は、 ゼウスの正妻・ヘラ 農耕の女神・デメテル 炉の女神・ヘスティア という、合計6人兄弟です。 このうち、男の3兄弟 ゼウス、ハデス、ポセイドンの間で、世界の支配権を分け合った、と言われています。 ポセイドンは海 ハデスは地下の冥界 最高神ゼウスは天空 というふうに、それぞれの支配権を取りました。 こういうわけで、ポセイドン神は海を支配し、兄弟とともに力を合わせて世界を治めているのです。 でも、たとえ兄弟とはいえ、ゼウスは最高神ですから、神様としての格は断然、ゼウスが上なのです。 ですから、兄弟とはいえ、ポセイドンはゼウスには逆らうことはできません! そこらへん、神様の世界もシビアですよ〜!.

. More 氷 の 神 ギリシャ 神話 images. メルクリウス<Mercurius>は、ギリシャ神話のヘルメスと同一とされています。水星はとても運行が早いことから、俊足の神の名前が当てられたそうです。 ここでは、一般的に知られるギリシャ神話のヘルメスとして話を進めていきますね。.

そんなポセイドンが持つ 氷 の 神 ギリシャ 神話 「三つ又の矛(ほこ)」ですが、 アテナイ市(現在のアテネ市)の支配をめぐって、面白い神話が残されていますよ! ポセイドンはアテナイ市の支配権を、ゼウスの娘である 女神アテナ と争いました。 そして、より良いものをアテナイ市民に贈った方が支配者となる、 というルールでアクロポリスの丘の上で戦い、 ポセイドンは「三つ又の矛(ほこ)」で地を打って、 塩水の泉 を出しました。 そして、アテナ女神の方は、 オリーブの木 を生えさせました。 当然、勝者はアテナ女神となり、アテナイ市の支配者はアテナ女神となったそうです。 そりゃそうです! 誰も塩水の泉なんて、いりませんからね!! 飲めないし、畑にも使えないし! 氷 の 神 ギリシャ 神話 やっぱり人間は オリーブの方がありがたい ってもんなんです。 食べれるし、オイルは美容にも使えるし、灯油にもなるし! そんなわけで、ポセイドンは女神アテナに敗れ去り、 アテナイ市は女神アテナのものになりました。 現在でもアテナイ市(首都アテネ)に行くと、 アクロポリスの丘の上にはアテナ女神に捧げられた 「パルテノン神殿」がそびえているのを見ることができますよ! この側には、かつて女神が人間に与えたオリーブの木があったということです。. 本当に地球規模の大洪水があったとする説も存在します。 ゼガリア・シッチンやベリコフスキーと言った有名人が提唱した説は、当時の地球に彗星や惑星が接近したと言うものです。 中には月の引力が乱れ、元々内部にあった大量の水が地球に降り注いだと言う物もあります。 もしくは氷でできた小惑星が接近、あるいは衝突した事が原因とする説も存在します。 この大洪水実在説は、そのどれもが現代でも決め手に欠けています。 つまり、まだ現時点では上記を確定する要素が見つかっていないと言う事です。 そうなると、あくまで仮説の域を出ませんが、そのすべてが惑星や彗星が登場する点が共通しているのも一興です。. ギリシャ神話の主神であり最高神。神々の王。 全知全能の天空神で、神々と人類両方の守護神・支配神であり、父であると考えられました。 元々雷神様です。なので、ゼウスの聖木である樫の木にはよく雷が落ちると言われています。. この手の話で有名どころをもう一つ。 それは洪水伝説です。 旧約聖書に登場するノアの箱舟が有名ですが、これは元になった神話があるのをご存知でしょうか。 その元ネタとは、シュメール神話です。 ノアに該当する人物の名はウトナピシュティムです。 シュメールの主神にあたるエンキ神が人類を一度滅ぼそうとして洪水を起こす話なのですが、細かいディティールもそのままユダヤ教に受け継がれたのか、下記の点が一致します。 氷 の 神 ギリシャ 神話 ●古い文明を一度リセットする意図がある ●心の清らかな人類の代表が一人選ばれる 氷 の 神 ギリシャ 神話 ●その人物は大きな箱舟を建造する ●世界が水にのまれる期間は大体7日 ●水が引いた後、箱舟はどこかの山頂に到達する いかがでしょうか。 こうしてみると、まるで有名な旧約聖書の話のように思えるでしょう。 しかし、これは全てシュメールの神話に登場している物なのです。 これがバビロニアに伝達すると、ギルガメシュ叙事詩と言う物語で言及されています。 ギルガメシュと言うのは英雄の名前です。 これもディティールは同じですが、興味深いのはここで洪水の到来を告げるのがウトナピシュティムになってると言う点です。 他にも付近の地域で同じく洪水伝説があるんですね。 地続きの地域であれば、過去の伝承が口頭で他地域に伝わるのは分かりますが、これが更に遠く離れたギリシャ神話のデウカリオンや、ヒンズー教のマツヤとして出てくるのは興味深いです。 それよりも遠く離れた中国や日本、アメリカ大陸のマヤやアステカ文明にも記述があるのはどうしてでしょうか。 長い年月をかけて口頭で伝わったとしたら、どれほどの年月がかかっているのでしょうか。 この事から立てられる仮説は、洪水自体は古代に本当にあったのではないかと言う説です。 これは多くの大文明が河川の付近で誕生した事にも起因します。 海や川の氾濫が誇張され、それが各地域の神話の中で逸話として盛り込まれた可能性は高いです。 神様が堕落した人類を一度滅ぼそうと言う点も、戒訓として考えると扱いやすかったのではないでしょうか。 テレビもネットも無い時代ですから、当時の人類の発想は今より似ていたと思います。 その結果、似たような自然現象にインスピレーションを受けて、似たような逸話を伝説的に盛り込んだのではないでしょうか。. 北欧神話とは次のとおりです。 《北欧神話の9つの世界》 1.アースガルズ:アース神族の世界 2.ヴァナヘイム:ヴァン神族の世界 3.ミズカルズ:死を免れない人間の世界 4.ムスペルヘイム :炎と火の巨人スルトの世界 5.ニヴルヘイム:氷と氷の巨人の世界 6.アルフヘイム:エルフの世界 7.スヴァルトアルフヘイム:黒いエルフ、スヴァルトアールヴァルの住む世界 8.ニダヴェリール:ドワーフや小人達の世界 9.ヨトゥンヘイム :霜の巨人などの巨人の世界. tʰeú̯s )は、ギリシア神話に登場する男神で、ティーターンの一柱である。イーアペトスの子で、アトラース、メノイティオス、エピメーテウスと兄弟 、デウカリオーンの父 。. プロメーテウス(古代ギリシャ語: Προμηθεύς 、 Promētheús pro.

ギリシャ神話に登場する最大の英雄ヘラクレスの誕生とユリの花の物語です。 御存知浮気者のゼウスは、王女アルクメーネの美貌に魅せられ、彼女の夫が旅で留守のある日、ゼウスはアルクメーネの夫に姿を変え近づきます、彼女は何も疑わず寝室に入れた. See full list on irenekitakami. 雷公の槌と楔 - 中国の雷神が雷を落とすのに使用する 。 明代の小説『西遊記』に登場するもの. See full list on kamigami-cafe.

さて、そんな海の神・ポセイドンは、惑星にも名前を与えていますよ〜 その名も 「海王星」!! ああ、言われてみれば確かに、「海の王」と書いてありますね! そう、これ、ポセイドンの星なんです。 「海王星」は、英語ではそのものズバリ 「ネプチューン(Neptune)」 と呼ばれています。 まさに、ポセイドンの星!! この「海王星」は、太陽系で、太陽から8番目に遠い星。 要するに、太陽から一番遠い場所を公転している惑星です。 直径49,528kmで、地球の3. 神話の共通項として代表的な話は、男神が妻もしくは恋人の死を悲しんで死後の世界に赴くと言うものです。 これは日本神話の中で、ヒノカグヅチを生んだ際に死んでしまった女神イザナミに会いに行くために、夫であるイザナギが黄泉の国に向かう逸話が有名です。 これとまったくと言って良いほど似た話がギリシャ神話に存在します。 オルフェウスと言う名の琴の名手が、毒蛇に噛まれて死んでしまった妻エウリデイケーを生き返らせてもらうために冥府に向かい、死の神様達を説得すると言う物です。 女神が不意に命を落としてしまい、男神が死後の世界に行くと言う大まかな概要はまったく一緒です。 この先のディティールも非常に似ていて、両者に共通する事は地上に出るまで後ろを振り返ってはいけない=妻を見てはいけないと言う戒訓が盛り込まれています。 イザナギの場合は、思わずイザナミの姿をみてしまい、醜く崩れた姿に恐れおののき逃げ出してしまいます。 オルフェウスの方は、元より振り返ってはいけないと死の神ハーデスに告げられていたものの、あとわずかで地上というところで喜び、思わず振り返ってしまうのです。 その結果、前者は黄泉の亡者を引き連れてイザナミを追ってくる、オルフェウスの方はエウリディケーがその場で石になってしまうと言う悲惨な末路を迎えるわけですね。. 神話に登場する神様は、当時ギリシャの街を守ってくれたと信じられていて、神様に感謝するお祭りも行われていたのです。 神話そのものがいつできたのかは明確には言えませんが、紀元前5世紀頃(今から約2500年くらい前)と言われています。. 今回は代表的な所で男神の死後の世界巡りと、大洪水伝説を取り上げました。 しかし、世界の神話上で共通する事柄は他にもたくさんあります。 例えば多くの神話では、夫婦の神や人類が創生伝説に関わってきます。 旧約聖書は神が一人で一週間かけて世界を作ったとありますが、その直後にアダムとエバの夫婦が登場するのでこれもある種共通と言えます。 日本神話のイザナギとイザナミ、中国のフギとジョカ、ギリシャ神話のガイアとカオス等挙げればキリがありません。 太陽信仰もそうです。 どの国でも神話の中では太陽を最大の崇敬の対象としているケースが多いです。 中天に座す最も明るく暖かい星ですから、その分注目されるのも納得ですが、この対象もある意味共通と言えるでしょう。 個人的な解釈では、やはり洪水伝説でも触れたシュメール神話の存在が大きいと思います。 世界最古の文明とも言われるシュメール。 この時点である程度ディティールが固まっていたことにより、その後他地域との交流が盛んになって行く中でじわじわと伝達していった可能性が高いです。 もちろん、それがそのまま海を渡って日本やアメリカに来るまでには時間を要したとは思いますが、伝言ゲームの様にその都度形や細部を変えて流布したのではないでしょうか。. See more results. 概要 ギリシャ神話に登場する神々の一柱。 男性の神とされており、幸運や偶然を司るとされる。 ギリシャ語で「チャンス(機会)」を意味する言葉を神格した存在でもあり、元々は「刻む」と言う動詞が由来となっているとされる。.

ギリシャ神話(英名) ローマ神話(英名) 説明・備考; ゼウス (ズース) ユピテル (ジュピター) 神々の王。雷を司る全知全能の天空神。ゼウスの意思は“掟”、気まぐれは“運命”、そして怒りは“破滅”をもたらす。 ヘラ (ヒアラ) ユノ. 氷 の 神 ギリシャ 神話 なお、日本神話では夫婦喧嘩をしてますが、ギリシャ神話では喧嘩をしないで妻と別れています。 最終更新日. ギリシャ神話には、三柱でひとつの役割を持った女神が登場します。 運命をつかさどるモイライ三姉妹、復讐をつかさどるエリニュス三姉妹、美をつかさどるカリス三姉妹 (三美神) など、挙げればキリがないくらい。.

ここまでのギリシャ神話と北欧神話の共通点は、神と巨人が争い、神が勝つことです。 また、戦争の後で、一番偉い神様が決まることです。 今回紹介した共通点以外にも、洪水が起こって男女が生き残ることや、様々な能力を持った神様がいることなど. というわけで本日は、 ギリシャ神話の海の神様・ポセイドン をご紹介しました! いかがでしたか? 名前だけ知っていたポセイドン神が、身近に感じられるようになれば嬉しいです! これから海を見たら、「三つ又の矛(ほこ)」を持ったポセイドンの姿を思い浮かべてくださいね! そして、 『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』 に出てくる「ポセイドンの槍」もぜひ見てみてくださいね〜! 現在の日本でも人気の海賊映画にもポセイドンが登場するとはね?! ポセイドンは永遠に不滅です!! *この記事に興味を持った方は、こちらもどうぞ!. 雷神 風神 光神 水神 炎神 のギリシャ神話のページです。 ギリシャ神話 | 雷神 風神 光神 水神 炎神 - 楽天ブログ 毎日1人にポイントが当たる楽天ブログラッキーくじ. 北欧神話においては、生命の始まりは火と氷で、ムスペルヘイムとニヴルヘイムの2つの世界しか存在しなかったという。 ムスペルヘイムの熱い空気がニヴルヘイムの冷たい氷に触れた時、巨人 ユミル と氷の雌牛 アウズンブラ が創り出された。. . 凡例:日本語名(英語名) 一覧は、日本語版ウィキペディアに多数の記事がある神話は五十音順、他言語版ウィキペディアの記事へのリンクが大勢を占める神話はアルファベット順になっている。. ギリシャ神話の怪物23体を一覧にして、画像と一緒に紹介してきました。 ギリシャ神話にはたくさんの神や英雄が存在しますが、一緒に怪物の名前も覚えておけば、ギリシャ神話をさらに楽しめること間違いなしです! 世界のことって面白いよね!. ・主神がいる ギリシャ神話における主神は全知全能の神ゼウスです。 北欧神話における主神はオーディンです。どちらの神も多くの女性と関係があるところも共通しています。 ・巨人が登場する ギリシャ神話には、ティターン神族やギガースといった巨人が存在します。 北欧神話においては、炎の巨人スルト、氷の巨人、霜の巨人ヨトゥンがいます。特に霜の巨人はアース神族・ヴァン神族と血率する立場で登場します。(一方で巨人と結婚する場合もあるのですが、それはギリシャ神話でも同様のパターンがあります) ・前の世代の王の殺害 ギリシャ神話では、天空の神ウラノスが子どもである農耕の神クロノスに殺され世代交代します。つぎにそのクロノスが子どもであるゼウスに殺され、世代交代します。 北欧神話では、最初世界を創った巨人の始祖であるユミルが、巨人の子であるオーディン、ヴィリ、ヴェーに殺され、新しい世界が作られていきます。.

歴史 - 「氷の神」について 現在、世界中に多くの神話や伝説が残っていますが、最近になって気になったことが一つあります。 例えば、火の神や雷の神など色々な神がいますが、その中であまり「氷の神」につ. 氷 の 神 ギリシャ 神話 カトヤンガ - シヴァ神の棍棒。 フィンランド神話. ギリシャ南部のリュカイオン山で、考古学者がギリシャ神話の最強の神にまつわる三千年の謎を解こうとしている。その神とはゼウスだ。出土品からここがゼウスの出生地だと証明できるのだろうか? リュカイオン山での発見は、ゼウスの由来についての定説を覆すものだった。これらの発見の重要性を理解するには、ギリシャ神話の冒頭に戻らねばならない。ゼウスの誕生だ。 父はクロノスという名のティタン族で、世界を支配したが絶えず怯えて暮らしていた。クロノスは、自分の子供に殺されるという予言を受けていたので、それを避けようとして子供たちを全て食べてしまったのだ。クロノスの妻レアがゼウスを産んだ時、レアは末っ子であるゼウスを守るためゼウスを洞窟に隠した。 レアは産着で包んだ石をクロノスに渡すが、クロノスは目が悪く新しい赤ん坊だと思い飲み込んでしまう。成長したゼウスは、父親の王座を奪って予言を実現しようと考えた。それには、自分の兄弟と姉妹が必要だった。 給仕に化けたゼウスは、ネクタルという飲み物をクロノスに運んだ。ネクタルの中には、吐き気を催すものが仕込まれていた。するとクロノスは、後にギリシャの神々となるゼウスの兄弟を全て吐き出してしまう。 そして大戦争が始まる。ゼウスは兄弟と共にクロノスのティタン族と戦った。ティタノマキアと呼ばれるこの戦いは、何年も激しい戦いが続いた後、ゼウスと兄弟たちが勝利を収める。ゼウスは、クロノスと彼に加担したティタン族を全て切り刻みタルタロスに投げ込んだ。そこは、極悪人が罰せられる冥界の牢獄だ。 ゼウスは神々と人間の父となり、天空を支配し世界の覇者となった。ゼウスは嵐を支配し、雷を操る気象を司る神だった。これが最強の神の絶対条件なのだ。超能力を抜きにしてゼウスは、よく人間の如く振舞った。そのためゼウスが実在したのか、人々は何世紀も議論している。ギリシャ・クレタ島の人々は、ゼウスがクレタ島のイディ山で生まれ育ったと主張している。ギリシャ南部のアルカディアの人々は、ゼウスがリュカイオン山で生まれたと言っている。現在、リュカイオン山からの出土品によってリュカイオン山出生説が有力だ。 出土品は、従来の説より何百年も前にリュカイオン山でゼウスが祀られていた証拠だ。次から次へと変わる最高権力者や王について、いかに統治を行ったか、どんな性格や外見をしていたかなど、人々が観察した上.

氷 の 神 ギリシャ 神話

email: [email protected] - phone:(771) 869-7070 x 5019

相原 風 香 -

-> 中村 敏夫 北 の 国 から
-> アリス と 太陽

氷 の 神 ギリシャ 神話 - コンサルティング


Sitemap 3

北島 達也 ブログ -